外遊びするなら!


そこらじゅうに公園があるのは流山市のいいところかな?と思っています。(なんと流山市の公園を全制覇した怪しくも善良な?!タール団さんがWebに「流山公園マップ!」を公開)

そんなこともあり、特に子どもが歩き出すと近所の公園のハシゴをさせられるママも少なくない?!

行きつけの公園をつくるとお友達の輪も拡がって子どもが段々と勝手に遊んでくれて楽になるような気がします。友達みたいにしゃべっていても案外初対面のママ同士でしゃべっていることも多いので、是非勇気を出して公園デビューしてみましょう♪

 

そして時には大きな公園に足を伸ばして、お友達や家族でピクニックもいいですね!

そんなときにイチオシなブログが「子連れでお出かけ関東の公園」。千葉県北西部在住のママさんが1人で4人のお子さんを連れいった公園の情報が多く、いやスバラシイの一言です!

 

流山市在住の主だった公園はこちらです↓徐々に更新中です…

 

流山総合運動公園

以前はトーテムポールが並ぶ芝生広場までミニアスレチックを抜け、急な坂も多くベビーカーでの利用が難しい印象でしたが、通称「汽車ぽっぽ広場」と呼ばれる体育館の裏手のSL展示場の脇のエリアが改修され小さい赤ちゃんを連れてお弁当を広げることもしやすくなりました。

駐車場の利用が無料なのも嬉しいです。


流山市下花輪福祉会館(ほっとプラザ下花輪)

常磐道流山ICのすぐ前のクリーンセンター、そのエネルギーを利用している浴場と多目的広場を備え、駐車場も無料で96台収容可能な施設です(詳しくはコチラ)。

スーパー銭湯だとオムツはずれてない子供は不可が多いけど、「ほっとプラザ下花輪」には一緒に入れるお風呂があります。広場で思いっきり遊んだ後はここで汗を流すのもいいですね~。

隣接するリサイクルプラザではリサイクル家具が手に入ることも!

ちょっと歩けば、江戸川の土手の散歩も楽しめます。春は菜の花がとってもキレイ!

 


流山市立運河水辺公園

東武野田線「運河」駅の近くから運河沿いに散歩が楽しめます。駅にエレベーターがないためベビーカーでのアクセスはちょっと大変なのが難点ではありますが、おむつ替えなどができるユニバーサルトイレは設置されています。
毎月第4土曜日に開催される「うんがいい朝一!」でランチを買って、朝のお散歩もおすすめですが、夕陽が沈む様子もキレイです。


江戸川河川敷

流山市の江戸川河川敷といえば、菜の花!

孫の一言がきっかけでおじいちゃんが作り始めたというからビックリです(ステキっ!)

夏には花火大会でたくさんの人が土手に集まります。

サイクリングも楽しめます。一体どこまで続くのか…と思ったら、埼玉県のウェブサイトに「川沿いを走る日本一長いサイクリングロードのマップが出来ました」というのを発見しました。


野々下水辺公園

特に遊具はありませんが、小川を再現した風景となっており、ベビーカーを押したり、歩き始めた子と歩いてお弁当を広げたりするには、なかなか気持ちのいい公園です!

トイレなどの設備はありませんが、近くに野々下児童センター(赤ちゃんの駅になってます)がありますので、児童センターで遊んでちょっとお外も散歩なんてことも♪